Theme

download theme (PDF)

Workshop Theme

UNPREDICTABLE WEATHER

The planet we inhabit is being overtaxed, by we who dwell on it. The rapid increase in population and the partial attention/inattention to the depletion, misuse, and abuse of the available resources challenges the sustainability of life and life forms of the eco-systems upon which they rely. Weather patterns are shifting as the planetary atmosphere heats up. Average temperatures have soared, leading to an increase in global sea temperatures, rising sea levels, more extended droughts and more severe storms both in coastal areas and deep inland too. These conditions are exacerbated by artificial interventions in weather patterns for military and economic purposes, as well as to ensure bearable living conditions in the face of the approaching uninhabitability of the planet.

The increasing unpredictability of the weather is reframing how to think (about) the global. The rise of the global as economic and cultural reference point prompted the elevation of risk management as the prevailing discourse of global negotiability. Risk management is predicated on a disposition of living against the earth, where suspicion if not aggression, suspension and deferral predominate. This runs against, is resistant to, a disposition of living with the planet, as mutually interested and engaged partner. When we ask about the weather in areas far from the coasts, we are in fact asking relationally about the state of the sea. A different disposition is thus necessitated, one of “living with” rather than “in fear of” and “against.”

The proliferating condition of unpredictable weather voices the rampant expression of voracious living. It registers as a symptomology of the threats facing planetary inhabitants today. What insights are offered accordingly by the meteorological as the site of theory? What has theory—and critical theory in particular—to offer in comprehending the unpredictability of climatic conditions, and critiquing the underlying political economy giving rise to them, as well as their implications for living (together) in and with the world? What are the likely impacts of unpredictable weather on racial patterns of migration, and on increasing social and cultural heterogeneity especially in societies resistant to such changes? How are these new patterns of climatically induced movement linked to earlier racial patterns of forced global movement? How do the effects of unpredictable weather today reorder the relations between air, fire, wind, and water? And of these to land, to shifting coastlines, altered geographies and landscapes? What are the particular contributions and vulnerabilities of Asian societies to the challenges of unpredictable weather? And how are the causes of climatic challenges disproportionately produced by mainland Asia especially acute given the considerable presence of island life ringing Asia?

These shifting conditions conjure changing vocabularies of the meteorological. The color purple now registers the ultimate force of nature. Purple has replaced red on weather maps in signaling the most severe storms and their likely disastrous consequences. This challenges us to consider anew the compelling theoretical language for sustainability in the face of climate change, its dangers and threats. What are the most revealing cultural representations—literary, artistic, filmic, musical—of the climatic, of its awe-inspiring power and potential devastation? What unique insights into these questions are provided by the recent emergence of Oceanic Humanities and how has and could critical theory contribute to comprehending and countering these developments?

How, in short, do we “read the weather” and “weather the storm,” as much metaphorically as literally?

ワークショップのテーマ

予測不可能な気象

私たちが住んでいる惑星〔=地球〕は、そこに住む私たちによって酷使されている。人口の急速な増加と、利用可能な資源の枯渇・誤用・濫用に対する限定的な関心あるいは無関心によって、それらが依存するエコシステムの生命や生命形態の持続可能性は、脅かされている。地球の大気が加熱されるにつれて、気象のパターンは変化する。平均気温が上昇することで、世界の海水温や海面水位が上昇し、沿岸部や内陸部で干ばつが長期化して暴風雨が激化している。こうした状況は、気象パターンに人工的に介入することによって悪化している。そうした介入は、地球が居住不可能なものになりつつあるなか、耐えられる生活条件を確保するためだけでなく、軍事的・経済的目的のためにも行われている。

気象の予測不可能性の高まりによって、グローバルなものに関する考え方は見直されつつある。経済的・文化的な参照点としてのグローバルなものの台頭によって、グローバルな交渉可能性という支配的な言説としてのリスク管理が高まるようになった。リスク管理は、地球に抗してでも〔人が〕生きるということを前提としており、そこでは、〔自然に対する〕攻撃ではないにしても、疑念や留保、延期が支配的である。こうした立場は、互いに関心を持ち関与し合うパートナーとして〔人が〕地球とともに生きるということに対抗し、抵抗するものである。沿岸から離れた地域の気象〔天気〕について尋ねるとき、実際は、間接的に海の状態について尋ねている。したがって、地球「を恐れて」でも、地球「に抗して」でもなく、地球「ともに生きる」という別の配置(ディスポジション)が必要となる。

予測不可能な気象の増加は、貪欲な生活の蔓延を物語っている。それは今日の地球の住民が直面している脅威の兆候として表れている。理論の場としての気象学は、それに対してどのような洞察を提供するのだろうか。気候条件の予測不可能性を理解し、その気候条件を生み出している根底にある政治経済を批判し、世界の中でそして世界ととともに生きることに対して気候条件が与える影響を批判するにあたって、理論、とりわけ批評理論は何を提供するのだろうか。予測不可能な気象が、移住における人種的なパターンに与える影響はどのようなものだろうか。予測不可能な気象が、社会的・文化的な異質性の増大に与える影響は、とりわけそうした変化に対して抵抗が強い社会においてどのようなものだろうか。このような気候に起因する移動の新しいパターンは、かつての、強制された世界的移動の人種的パターンとどのように関連しているのだろうか。今日の予測不可能な気象の影響は、空気、火、風、水の間の関係をどのように再編成するのだろうか。そしてこれらが陸地、海岸線の変化、地理や風景の変化にもたらす影響とは何だろうか。予測不可能な気候という課題に対してアジア社会は具体的にどのような貢献を行い、また、どの点が脆弱であるのか。そして、アジアの周りにかなりの数の島の生活が存在していることを考えると、アジア大陸が不均衡な形で引き起こしている気候問題の原因とは、どのように深刻なのだろうか。

こうした変化する諸条件は、気象学的なものの語彙の変化を連想させる。紫という色は今や自然の究極の力を示すようになった。紫は、天気図において赤に取って代わり、最も激しい嵐と、それがもたらしそうな悲惨な結果を知らせている。このことが私たちに迫るのは、気候変動や、その危険と脅威に直面したときに、持続可能性のための説得力ある理論的な言語を改めて検討することである。気候的なもの、その畏怖を感じさせる力や潜在的な破壊力に対する最も意義深い文化的表現――文学的、芸術的、映画的、音楽的な表現――とは何だろうか。近年の海洋人文学の出現によって、こうした問題に対していかなる独特な洞察が得られたか。また、こうした発展を理解しそれに対抗することに、批評理論はどのように貢献してきたのか。そしてどのように貢献できるのか。

簡単に言えば、我々はどのようにして文字通りに、そして比喩的に「天気を読み」「嵐を乗り切る」のだろうか。

訳者: 加治屋健司


Asia Theories Network/East Asian Academy for New Liberal Arts Joint Seminar

RETHINKING THE (ASIAN) UNIVERSITY: INSTITUTIONALISING THE LIBERAL ARTS

Seminar Theme

10h00-12h00, 12th December 2019

The rigours of neoliberal governance are now part and parcel of the university landscape. While numerous critiques abound of its quantitative management techniques, and most notably the evaluation of knowledge in terms of its instrumental utility, most critics end up playing a zero-sum game with their nemesis, which typically doubles-down on its corporate logic of accountability and the concomitant disparagement of the liberal arts. The purpose of the ATN/EAA seminar is to deploy philosophy to imagine a concrete way forward that goes beyond this bind. How does or might your university – or universities in the context where you work – institutionalise the liberal arts as a means to rethink the university in an alternative (Asian) manner to that of the European humanist tradition and the neoliberal model? Likewise, how can we provide an evaluation of the worth of the liberal arts that, firstly, counters neoliberalism’s managerialist imperatives and, secondly, demonstrates the benefits in a politico-moral register that speaks to both the socio-economic concerns of parents and the ethico-cultural aspirations of students?